1. トップページ
  2. 壁面緑化
  3. 施工手順

施工手順

設計事務所、施工業者ご担当者様向けの施工要領書をPDFでご覧いただけます。ご活用ください。

パネルシステム(5050)

花卉用パネルの場合

新設時はもちろん、改築の際もパネル交換が容易。
施工状況や季節に応じたイメージの変更も手軽に行えます。

パネル 5050システムについて

  • 縦横500mmピッチで、緑化パネルを取り付けるシステムです。(パネル:4枚/㎡)
  • パネル取り付け前にはアンカー設置など事前準備が必要です。詳細は施工要領書をご覧ください。
  • パネル5枚/㎡タイプの『4545システム』もあります。詳細は施工要領書をご覧ください。

施工要領書

ロール苗を事前準備し養生しておきます

植栽の苗を事前に養生します。
苗はロール状にしたエコグリーンマット(フェルト部分)に植栽したものを利用します。上記はヘデラの苗です。

ベース金具を設置します

先に取り付けたアンカーやボルトなどに、ベース金具を取り付けます。
左右方向500mmピッチで水平垂直に取り付けてください。
前準備で取り付けておいたアンカーやボルトにベース金具を取り付け、M8 フランジナットで固定します。

緑化パネル固定ボルトの取り付け

プッシュナットをセットしたボルトを、ベース金具に取り付けます。
緑化パネルは、四隅をボルト(M8×90半ネジ)で固定します。

灌水チューブの設置・通水確認

設置したベース金具に灌水チューブを通します。
※灌水チューブは一段ごとに取り付けます。
灌水チューブの設置完了後、適切に取り付けられているか、通水確認を行います。

緑化パネルの設置

壁面緑化パネルを設置します。
下の段から順に上へと設置してください。

前カバーの取り付け

緑化パネル間に前カバーを取り付けます。
緑化パネル間に前カバーを取り付けることで、見た目だけでなく風による落下水の飛散を低減します。

ロール苗の取り付け

事前に準備していたロール苗を緑化パネルに取り付けます。
バックフェルト、下フェルトに噴霧器などで十分に水を含ませてから、ロール前を緑化パネルの植え穴に正面から、ロール苗とバックフェルトが密着するよう強く押し込みます。この際、植物の向きに気を付けてください。
ロール苗の事前養生の仕方については、『施工要領書』をご確認ください。

完成

完成です。
パネル交換が容易に行えるため、季節ごとに花や植物を入れ替えることができます。

プランターシステム

プランターシステム

メッシュタイプの軽量型

土壌のかわりに超軽量なエコグリーンマットを使用。軽量なシステムパーツをセット化し、短時間で施工可能です。

アンカーボルトに受け金具をセットします

アンカーボルトに受け金具をセット。
植物を入れるための植栽ボックスやプランターが落ちないよう、しっかりと固定します。

受け金具にワイヤーメッシュ、金具を取り付けます

セットされた受け金具にワイヤーメッシュを取り付けます。
このワイヤーメッシュをつたいながら(登板)植物が育っていきます。

プランターをセットします

植栽を入れるためのプランターをセットします。
上記はステンレス製のプランターです。設置場所に合わせたプランターを別注で製作することが可能です。
山崎産業では、このような緑化資材の開発・製作まで一貫して対応しておりますので、自由度の高い緑化プランに幅広く対応できます。

排水管を取り付けます

プランターに排水管を取り付けます。
土壌を極力使わず、マットを使用して植物を育成するため、排水する水もあまり汚れません。

排水マットを敷きこみます

排水管の取り付けが終われば、プランター内に排水マットを敷きこみます。
軽量かつ通気性を備えた排水マットです。

育成基盤をセットします

プランター内にフェルトを敷きこみます。
プランターとマットの間に排水マットを入れることで、プランターから伝わる熱を軽減します。マットは植え込みに合わせて穴があけられており、重ね合わせて敷きこむことで植物に必要な育成基盤を形成します。

植物を植え込み、点滴チューブをセットします

マットの植込み穴に植物を植え込んでいきます。
植込み穴の隙間には軽量土壌などを詰め根が隠れるように植え込んでください。マット上部には点滴チューブを設置し、マットとチューブが飛散しないように留め金具で固定します。

植物を誘引し、マルチングを施します

まずは植物のつるや茎をワイヤーメッシュにからませ形を整えていきます。
植物の種類はあらかじめ長尺のあるものを利用すると、設置当初から緑の景観が楽しめます。
植物を設置した後は、プランター内のエコグリーンマット上部に蒸散を抑えるため、意匠性を保つためにマルチングを行います。

完成

完成です。
施工時に緑に覆われた壁面緑化とは違い、この簡易システム登坂タイプでは、育つ過程が楽しめる魅力があります。

壁面緑化Wall greening system